Dog&Catsに囲まれた賑やかな日々のお話です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by woobee
 
[スポンサー広告
家猫『チビ』・・  またね!
チビにたくさんのお別れの言葉をありがとうございました。

「一緒に家に帰ろうね」という約束は
こんな形でしか果たせなかったけど、チビは家猫になりました。

5-19 053
チビが家のなかの猫たちとコンタクトをとるために
舐めた窓ガラスの汚れは当分、そのままにしておきます。


+++++ ここからはチビが息を引き取った後の写真がありますので、苦手な方はスルーしてください。

 more...

スポンサーサイト
Posted by woobee
comment:12  
[実家ねこ
お家に帰ろっ。。
今朝の8時過ぎ、チビが息を引き取りました。

安楽死ではありません・・

でも・・目を見開いたままのその険しい表情が最期の壮絶さを物語っていました。

最後にチビにもう一度、生まれ育った庭を見せてやりたくて
今日、先生にお願いするつもりだったのに訃報の電話のほうが先だった。。。

でもやっと・・やっとチビはほんとうにお家猫になれました。
今夜、実家に一緒に帰ります。
チビは先生や私に安楽死という重い荷物を背負わせたくはなかったのでしょう。
苦しみ悶えながらも最期までそのことを気遣っていたんだと思います。



これまで見守っていただき、本当にありがとうございました。
Posted by woobee
comment:7  
[のらニャン
苦悩する先生
「もう楽にしてやりたい・・」

そう判断した先生ですが、それでもまだ一縷の望みを捨てきれないでいるようです。




「もう少しだけ、僕にも頑張らせてください。。」

先生にすべてを委ね私も一縷の望みを握りしめておこうと思います。



PS:
たくさんのコメントありがとうございました。
ずいぶんと気持ちが救われました。
返事を書こうとキーボードを叩いては言葉に詰まり。。
チビのことを思うと止まらない涙。。

「もっと強くなれ!世話人!・・」ですね。

みなさんのコメントには本当に勇気づけられています。
心からありがとう。。。
  
  
  
  
  
Posted by woobee
comment:3  
[のらニャン
辛い決断。。
今朝、チビの面会へ。

先生の顔が曇っていました。
なんだかすごく嫌な予感・・

チビは先週末から急激に食欲が落ちてほとんど横になってるらしい。
先生の話だと
抗がん剤がまったく効かず、それどころか再発が猛スピードで進んでいるとのこと。
肩の付け根、お腹などにまた新たな腫瘍ができて、
それが日々、先生も信じられないほどの勢いで大きくなっているとのことでした。

そして先生が切り出した言葉・・
「これ以上、抗癌剤治療しても効果はないに等しいと思います。
抗がん剤治療もこの子にとってはとても苦しいし、きついし、
それでも希望が見えるのなら、なんとしてでもこの子と一緒にガンバロウと思いました。
点滴を打っての延命治療は可能ですが、
これ以上この子に辛い思いをさせるのは可哀想だし、酷です!・・

ボクはこの子をもう楽にしてやりたいと思っています。この子ももうじゅうぶんに頑張りました。」


言葉が出なかった。。。
先生の言ってる意味がすぐには理解できなかった。。。

「楽にしてやりたい」・・その言葉が意味するものは「安楽死」・・・

これまで関わってきた子たちに安楽死を選んだことはなかった。
たとえ死がそこに迫っていても最後まで一緒に・・と思っていたから。
なにより「生きたい」というその力が伝わってきたから・・
だから安楽死なんてどんなことがあってもぜったいにしないと思ってた。

チビも頑張れば必ず戻ってこれると信じてた・・
でもチビの体を蝕んだ癌はそんなこと許してはくれなかった・・

生きてほしいという私の願いはチビにとっては地獄の苦しみ。
チビに今以上にもっともっと・・辛く苦しい思いをさせてしまう。
頭の中でわかっていても決断できない。
ひとつの命を絶つことの決断なんてできない。
でもご飯も食べられないほど弱ったチビがここにいる・・
チビの体の中の癌細胞は容赦なく、これからもチビを苦しませ弱らせていく。

短い時間の中でいろんなことが頭をグルグルと。

しばらくして「先生がそう判断したときは・・そのときはどうかチビを楽にしてやってください・・」

この言葉が口からでたとき、体が・・唇が・・震えていた。

小さくても大切な命・・尊い命・・
でもこれ以上、チビに生き地獄をあじあわせる権利は私にはない。
人間のエゴで生かしておくことはチビにもっと苦しめ・・と言ってるのと同じ。。


こんな写真がありました。
チビとお母さん チビ
このお母さん猫が生んだ最後の子供たちでした。(のちに母猫は姿を消しました)    

庭で生まれ育って3年・・・

辛い辛い・・・決断でした。


PS:長々と心情を綴ってしまいました。
  楽しいことを書き綴っていこうと思ってるのに・・
  こんな重苦しい内容になってしまってゴメンナサイです <(_ _*)>
  でも最後まで読んでくださってアリガトウ。。
Posted by woobee
comment:8  
[のらニャン
微妙な位置関係



付かず離れず・・の関係が今はベストらしい。。

未来図が楽しみ。。
Posted by woobee
comment:4  
[実家ねこ
チビが不機嫌な訳は。。
今朝のチビ。
今日は酸素室を出て一般病棟?に居ました。

チビ 7/13
「チビ~っ、おはよう♪ 調子はど~う?」と顔を近づけた途端、

チビ、私に唸っておりました。。( ノω-、)

スタッフの女の子が慌ててフォロー。
「チビちゃん、どうしたの? ほら、お母さんだよ。今日はご機嫌斜めなのかな・・?」

先生にもスタッフにもすっかり慣れたというのに・・

きっとチビは分かっているんでしょう。
「おいらより先に茶トラの可愛仔ちゃんを連れて帰ったんだってぇ~!! o(`ω´*)o」


チビや・・10月になったら必ず迎えに行くから!
だからいい子でそれまで頑張って治療に専念してください!

唸るほどの元気にちょっぴり安心したカアチャンでした。

 more...

Posted by woobee
comment:5  
[のらニャン
縁あって・・出会いました!
チビの面会に行くたびに別の部屋から「にゃぉ。。にゃぉ。。」と聞こえてくる声。
ケージの中にまだ仔猫のような大きさの茶トラがいました。

聞けば、病院の周りをひと月以上もウロウロ・・
事故が心配で捕獲器を用いて保護したそうです。
女の子なので避妊を・・と思ってお腹を開けたら手術済みだったらしい。。

たぶん・・飼い猫!
でもこのふた月あまり、いろんな手段で飼い主さんを探したそうですが、いまだに分からずじまい。
ならば、里親さんを・・ でもなかなか里親さんも見つからず。
そんなこんなの訳ありで病院に居候中でした。

狭いケージにずっと入れられているのが不憫でずっと気にはなっていたけど、
チビを退院させて実家で看るつもりだったのでそれもできません。

でも話が急展開になってチビは10月まで先生のもとで治療することに。

だったら、それまでにこの子を慣れさせておく!  そうだ!この手がありました ^^;

これからのチビの治療はすべて先生のご厚意です。
ならば、少しでも先生の負担を軽くできれば・・
ということで先週末、この茶トラさんを迎え入れました。

natsu
先生も言ってたけど・・とってもビビリさんです。
でも先生は「怖がりさんだけど、愛情をもって接すればきっとダイジョウブ!」

その通り!のような気がします。
手を差し出しても一瞬、びくっとするけど頭を突き出してきます。
撫でられのは好きみたいです。ついでに抱っこもOK!

で・・昨日はユズばぁ&JINはリビング、キッチンで寝ていたので
部屋を開放して自由に過ごさせましたが、見に行くたびに行方不明で私を慌てさせました!

natsu  natsu
キャリケースだったり・・          トイレの窓際だったり・・

natsu  natsu
仏壇の隙間だったり・・           出入り口が10㎝足らずのボックスの中に入り込んでいたり・・

どうやら慣れない場所では身を潜めるのがベスト!らしいです。



natsu
私がいない時間はとりあえずはケージで過ごしてもらうことに。

しかーーーし!!

ゆずバァ
何を思ったのか、ユズばぁがケージの前で見張り役を務め始めました。
でもただひたすらその場所で居座っているだけのような?。。

ちなみにJINは興味半分、怖さ半分で尻尾が下がっておりました(・・;)
でもこの調子だと思ったよりも早い時期にケージから卒業できそうです。

この新人さん、女の子で名前は"natsu"(夏に来たから"ナツ"  愛称:「なっちゃん」デス!)
年齢は3歳くらいじゃないかということでしたが、とっても華奢な子です。

今回、いろんな縁があって、そしてこの子と出会いました! これも猫神様はご存知だった??
ということで以後、お見知りおきを~。。 (=^‥^=)y

そして、このシッポたちとチビの帰りを待つことに!
Posted by woobee
comment:5  
[実家ねこ
新たな治療
今朝もチビの面会に。

昨日から抗がん剤治療を始めたとのことでした。
静脈注射はぜったいに失敗が許されないので鎮静剤を打ってから行われたようです。

今日のチビ 7/8
今日はカラーを外してもらっています。
昨日ガンバったご褒美だそうです。
(もちろん先生&看護婦さんの監視のもとで・・)

チビの部屋?の横にこれからの治療計画書なるものが貼られていました。

6種類もの薬を使うそうです。
で、この治療が終了するのが10月の初め。。 これがワンクールの治療だそうです。

先生の顔はなんだか明るくて残念そうな表情は見受けられなかったので
話をしていて私の気持も少し明るくなりました!

とにかく先生を信頼してお願いするしかありません。
今日より明日、明日より明後日・・・
チビ、きっと今より楽になって帰れるから!
Posted by woobee
comment:12  
[のらニャン
先生、ありがとう!
昨晩、話し合ってチビの抗癌剤治療はしないことに決めました。
開いた傷口がもう少し良くなったら退院させて、あとは家で静かに看取ってやろうと。。


今朝、先生にその旨を伝えると
「そういうことだったら仕方ありませんが、できれば僕の意思でもう少し治療を続けさせてもらえませんか? 
 もう少しボクのできる限りのことをさせてもらえないだろうか。。 」と。


「えっ!!?????」



詳しい話は・・

チビのケースが珍しく、自分もこれからのためにももっと勉強したいと思うこと。 
実験的にといえば語弊があるけど、決してまた体にメスをいれたりするんではなく、
今新たにできている腫瘍が抗がん剤などでどこまで抑えられるか。
開いた傷口も(2か所)その横にできた腫瘍の成長があまりにも速いため、
おそらくこのままではずっと塞がらないような気がするということ。
だから、新しい腫瘍の成長を止められれば、傷口も自然と塞がるかもしれないと。。
チビは最初は威嚇が激しくてほんとに手がつけられない状態だったけど、
今ではすっかり先生にも看護婦さんにも心を開いて治療も容易にできるようになったこと。
だからもう少し元気になってから ここまでくれば安心かな・・
というところまで自分が預かって治療を試みたい・・


つまりはこれから先の治療は先生の気持で・・ということです。

こんな信じられないような先生の申し出に私も正直ビックリ!しました。
ちょっと変わったところがある先生だけど、ほんとは優しい心の持ち主でした。
完治は不可能でももう少し治療をしてみるだけの希望はある!というふうに理解できたので、

「もしそれでも構わないのなら、先生どうぞよろしくお願いします!」と頭を下げました。

こんなことって・・ほんとに・・あるんだ・・・!!

昔ながらの古びた病院ですが、どんな立派な施設が完備された病院よりも安心できます。

今朝、私が行ったときに年配のおばちゃんが二人、
診察台に乗せられた猫ちゃんを心配そうに見守っていました。
聞けば、このおばちゃんは猫たちのために日雇いの仕事をしているそうです。
家猫、外猫と世話をしてるようで「どんな猫でも具合がわるけりゃ放っておけないよ」と。
先生は苦笑いしながら「このおばちゃんも必死だから、少しでも負担が軽くなるように
僕も頭の計算機をはじいて、なるべく経費を抑えるように必死なんですよ。。」と。

ほんとにみんな心の優しい人たちです。
心が洗われる一日の始まりでした。



7/6
先生にもすっかり慣れたチビ・・
しかーーし、今朝は私に「ふぅーふぅー」言ってました(^^ゞ

先生、ほんとうにありがとうございます。
そしてどうかチビのこと、よろしくお願いいたします。
もっと元気にして帰してやりたいという先生のお気持ちにありがたく甘えさせていただきます。


PS:新たに見つかった腫瘍は再発ではなく、切除した腫瘍の身内?だということです。
  だから抗がん剤で小さくできるのではないかと・・
Posted by woobee
comment:8  
[のらニャン
迷い。。
今朝、病院に行くと病理検査の詳しい診断書が届いていました。

-----------------------------------------
『病理組織学的診断書』


【診断】 リンパ腫 lymphoma

【所見】 切除された病変内には精巣が含まれていますが、その大部分は壊死に陥っています。
     幹部では真皮から皮下組織そして精巣周辺にかけて、
     核/細胞質比の高い大型の類円形細胞のシート状増殖が広範囲に認められます。
     それらの異型細胞は微細結節状のクロマチンと核小体が明瞭で大小不同な大型異型核を有し、
     多数の分裂像も認められます。
     切除組織中にはリンパ節が含まれており、リンパ節にも同様の異型細胞のびまん性増殖が
     認められます。異型細胞に明らかな上皮向性は認められません。

【付記】 患部の病変は形態的にはhigh gradeなリンパ腫と診断されます。
     他部位における同様病変の有無や臨床ステージを確認し、
     可能であれば早期の化学療法の実施が推奨されます。

-----------------------------------------


そしてチビの体はもうすでに転移が始まっていました。
大きめの腫瘍が2つ、小さいのがあちこちに・・

先生とも話しましたが、かなり性質の悪いリンパ腫のようです。
抗がん剤治療をするか否か。
痛い目にあって、怖い目にあって・・それでも頑張ったチビ。。
ようやく人間に心を開くようになってきたチビ。。
そんなチビにまだこれ以上の辛いこと嫌なことを強要することが果たしてチビのため・・?
残された時間をチビのためにともに過ごしてやるのはダメ・・?


わからない・・


チビ 7/4

もう帰りたいね。。(今朝のチビ)
Posted by woobee
comment:14  
[のらニャン
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。