FC2ブログ
Dog&Catsに囲まれた賑やかな日々のお話です♪
ユズって、やっぱりすごい猫だった
12月15日(日)ユズは空へと昇って行きました。




霊園のおじさんが年齢を聞いてビックリ!
さらにその後、またまたビックリなことが。。
高齢の子の骨は奇麗な形で残ることはあまりないそうですが、
ユズは歯以外はほぼ、そのままでした。
(ただし、背骨がくっついた箇所が二つありましたが・・)
そのおじさんは「すごいですねぇ、この子は。」と何度も言っていました。

ユズはやっぱり、仙人に近い猫だった・・と改めて思いました。

th_P1020098.jpg

ユズは亡くなる3、4日前から、しきりに妙な行動をしました。
それは・・これまで聞いたこともないような大声で
部屋のドアの前、ガラス戸の前に行っては何かを訴えているような行動でした。
私も最初は訳が分からず、ユズが行きたがる方向へドアを開けてやり、
玄関の扉の前まで辿り着いたとき、ユズの声はいっそう大きくなりました。
その時ようやく、ユズが外に自分の死に場所を求めていることに気づきました。
でもこの寒空のもと、しかも外でユズを死なせる訳にはいきませんでした。
ユズにはそのことを恨まれたかも・・


これまでの子たちのほとんどが病気や突然死で亡くなっていますが、
ユズのようにここまで高齢の子と付き合ったのは初めての経験でした。
いつかは・・と覚悟はしてたものの、そのいつかがあまりにも突然やって来て・・
ほんとうに・・油断してました・・
最期は寝つくこともなく、手をかけることもなく静かな旅立ちでした。
そのあまりの潔さにユズのとてつもないすごさを感じました。
実年齢はもうちょっと・・かもしれないけど、享年22歳としました。


老衰でしかたない別れだったけど、ユズは私に思いっきり深い寂しさを残してくれました。
今、ユズの姿が見えないことが不思議でなりません。

でも、ユズはたくさんたくさん、愉快な思い出を残してくれました。
おまけのような猫生をここまで見事に生きたユズに拍手を送りたいと思います。
そして、これほどまで家族を和ませてくれたユズには心から感謝の気持ちでいっぱいです。

ユズ、ありがとう。。

そして、今まで温かくユズを見守ってくださった皆さん、
ほんとうにありがとうございました。。


※ユズの旅立ちで気が抜けたのか、不覚にも日曜の夜、
 突然、体調を崩してしまい寝込んでしまいました。
 が、母の世話はサボる訳にはいかず、寝たり起きたりのこの2日間。
 でもユズのガンバリを思い出せば、こんなことでヘコタレてはいられませんね^^;
 ユズにハッパをかけられて、ぼちぼち回復ちうデス
スポンサーサイト



Posted by woobee
comment:3  
[ユズばぁやん
| HOME |