Dog&Catsに囲まれた賑やかな日々のお話です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by woobee
 
[スポンサー広告
49日が過ぎて
今月9日はあまり姐さんの49日でした。

保護したときは風邪で鼻グジュグジュだった″あまり″

その日は小学校のグラウンドを借りて、
商店会そして近くの銀行を交えての「親睦野球大会」
そこにひょっこり紛れ込んだ子猫、それが″あまり″

決して、可愛い顔ではなかったけど確かに子猫特有の仕草は可愛かった・・
(生後3ヶ月くらいでした・・)
試合が終わる頃、″あまり″は
それまで抱っこされていた銀行の応援のお姉さんの手から地面へ下ろされました。
「わぁ、可愛い、かわいい」と抱っこしてたわりには
誰も「一緒にいこう」とは言ってくれなかったのです。

それでも「みゃぁみゃぁ・・」と鳴く″あまり″
当然、放っておけるはずもなく気がついたら抱っこして歩いていました。

それが平成6年11月7日の″あまり″との出会いです。
15年間は長いような短いような・・・

″あまり″、うちに来てくれてありがとう!!  また、逢おうね~♪

あまり
悪がきの「クロ子」とも仲良く?(お互い、顔が引きつってますが。。)
Posted by woobee
comment:6  
[★あまり姐さん
comment
こんばんは
あまり姐さん。
幸せな人生だったね。
僕達はちゃんと知ってるんだ。
家族になる人をね。
次はどうする?あまり姐さん。
2009/12/11 19:37 | | edit posted by クリちゃんです
◆クリちゃんへ

リンパ腫に侵されて変形したその顔・・
拭いても拭いても滴り落ちるドロ~っとした血・・
ほんとうに見るのが辛い毎日でした。
別れは悲しいけど、これでようやく楽になれたね・・
よかったね・・という気持ちのほうが強かったです。

野良ちゃんだったシロクロちゃんは最期のときを
クリちゃんの腕の中で迎えられて、ほんとうに幸せだったと思います。
ノラニャンがお家の中で最期を迎えるなんて稀なことですからね。

シロクロちゃんもあまりも・・  次もきっと・・・  かな?
2009/12/12 15:51 | | edit posted by woobee
私も実家で何匹もFIVキャリアを保護して、
壮絶な死を見てきていますから・・
woobeeさんのお辛い気持ちは
凄く理解できます。
如何に安らかに死を迎えるか、または迎えさせてあげるか、
人間と同様
大きな課題の様な気が致します。
2009/12/15 12:26 | | edit posted by 太っちょの母
◆太っちょ母さんへ


これまで10匹以上のワン&ニャンたちを見送りましたが、
こればかりは慣れるはずもなく・・
でも老衰は仕方ないとしても病気の子達には太っちょ母さんがおっしゃる様に
如何に安らかに死を迎えるか、または迎えさせてあげるかだと私も思います。
苦しんだ分、せめて最期だけは安らかに。。
以前は少しでも長く側にいてほしいが為に「ガンバッテ!」と励ましていましたが、
最近はようやく「もう、いいよ・・」と言ってやることができるようになりました。
そして「ありがとう、またね」と。
2009/12/15 17:24 | | edit posted by woobee
淋しいですね・・・
15年間も一緒に過ごしてきたんだしいろんな思い出もあるのでしょう・・・
あまり姐さんが天国で安らかに眠ることを祈ります。
2009/12/15 22:55 | | edit posted by dejavuewords
◆dejavuewordsさんへ

長年一緒に暮らしていると思い出もたくさんです。
悲しいかな猫は人間よりも寿命が短いので先に逝ってしまうのが辛いですね・・

今年は猫長のふぅちゃんに続いてあまりでしたから、ちょっときつかったですね。。
でも辛かったことよりも楽しかったことのほうを記憶に残しておきたいと思っています。
2009/12/16 18:07 | | edit posted by woobee
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。