Dog&Catsに囲まれた賑やかな日々のお話です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by woobee
 
[スポンサー広告
この世に生きていた証に・・・
昨日の朝、お店に来ると・・・
ふと見るお店前の道路向かいの端っこに細長いものが見えました。

「ん・・・??・・・・もしかして・・・」

イヤな予感が的中しました。。。。
昨年秋くらいから、時々見かけたお店にご飯を食べにきていたノラちゃんでした。
道路の真ん中ではねられてその上をまた後続車に轢かれたのでしょうか・・
道路の真ん中は血で染まっていました。右足の損傷が激しく・・
でも他はなんともなかったので、もしかしてまだ息があるかも・・
と抱き起こしたけど、もう冷たくなっていました。
でも少し硬直が始まっていたものの、そんなに時間が経っていないのが分かりました。

すぐさま、お店からタオルとダンボールをもって亡骸をお店に運びました。

市の業者に連絡して・・
その間に近くの仲良しのお花屋さんまで走ってお花を用意してもらって・・・

向こうへ渡るときの通行料がわりのカリカリもたくさん持たせました。

 resize2093.jpg

生きてるときには触るどころか、目が合うだけですっ飛んでった子。
最期にこうやって抱っこして頭を撫でることができました。
まだ1才にはなっていないだろうこの子は小さくて華奢な体つきでした。

ノラに生まれてさえこなければ、こんな事故に遭うこともなかったのに。。。

ノラゆえの儚く短い命でした。    

この子がこの世に生きていた証として書き残します・・・
Posted by woobee
comment:8  
[のらニャン
comment
合掌
•••woobeeさん?涙がでますね。
私も一緒に泣きました。”この世に生きていた証しに”

猫は死骸を人間に見せないとも言います。
その猫ちゃんがこうして初めてwoobeeさんに抱かれて、
人間の温もりを初めて感じた最初で最後の日。2010年2月26日
やはり最後のお別れを言いに来たのでしょうか?
もしかしたら、今日何処かで人間の子供として”オギャー”
とうぶ声をあげているかもしれないです。:)
2010/02/26 18:15 | | edit posted by 太っちょの母
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/26 19:44 | | edit posted by
こんばんは
そうだね。
まだまだ小さいよね。
今は自由にのびのびと動いてるよ。
虹の橋を渡るとそこは猫のグループがあって、とっても幸せなんだ。
どんな死に方しても、みんな同じ場所に行けるんだよ。
最後をちゃんとして貰って、更に幸せな猫だよ。
次は家猫になれるよ、woobeeさん。
その手助けをしたよ。
ありがとうって、言ってるよ。
2010/02/27 01:07 | | edit posted by クリちゃんです
かわいい顔、忘れません
キジトラちゃんだったんですね。
この世のひとときを生きたその猫ちゃんのこと、しっかりと覚えておきます。次に生まれてくるときは、必ず元気で幸せに生まれてきますように。

私もやっと触ったのがこういう形でという経験が何度かあります。どんなにか痛かっただろうに苦しかっただろうにと思いながら、そしてもっと早く生きているうちになでてあげたかったと思いながら、その動かない体をなでてあげました。
2010/02/27 08:57 | | edit posted by ブチの友人
◆太っちょ母さんへ

母さん・・
この子の旅立ちに涙をアリガトウ。。
ノラの子たちはその最期に会えないことも度々ですが、
会えるのはこうやって事故で亡くなってるときが多いですね。

数年前にもうちにご飯を食べに来てた子が同じ場所で事故に遭ったことがありました。
その子はやっとの思いで道路際の木の下にたどり着いてたところを発見しました。
ちょうど帰り際だったのですが、見るともうお虫の息でした。
もちろんそのままにしておくこともできず、家に連れて帰って
一晩中励まし続けましたが明け方、息を引き取りました。
事故に遭って・・・やっと向き合えた・・
お店にご飯を食べに来る子は向かい側の団地にも遊びに行ってるようなので
常々心配しています。
ひたすら、事故に遭わないようにと祈るばかり。。
事故に遭って最期を見送るというのもなんだか悲しいですよね。
2010/02/27 15:31 | | edit posted by woobee
◆鍵コメさんへ

お互いに猫に関しては辛い事が多いですね。。。
でも、鍵コメさんが仰るように全ては人間の責任だと思います。 
辛いことも多いけど、たくさんの幸せを分けてくれた亡くなった子達に対しても
今そばにいる猫たちの面倒を最後までみることが恩返しだと私も思います。。

一人でもできることはある!・・ですよね。
2010/02/27 15:41 | | edit posted by woobee
◆クリちゃんへ

そうだね・・
この子も今度生まれてきたらきっと幸せな暮らしが待ってるよね。。
事故の心配もなくて暖かい寝場所もあって・・
ご飯の心配もしなくていい、寒さに耐え忍ぶこともない・・
そんな毎日が待ってる。。よね。

でも事故だけはやっぱり怖いね・・・(=xェx=)
そんなことはないと思うけどクリちゃんも気をつけてね!
2010/02/27 17:06 | | edit posted by woobee
◆ブチ友さんへ

動かなくなったその体を撫でることほど、無念なことはありませんね。。
ましてや、それまで触ることもできなかった子をこういう形で撫でることができたなんて・・
あまりにも哀しすぎます。
でもこれがノラで生きていくということの悲しい現実なんですよね。
このキジトラちゃんの場合、自分で道路端に行ったのか、
あるいは誰かが運んだのかはわかりませんが、そのまま後続車に轢かれ続けて
無残な姿をさらすようなことになっていなくてそれだけがせめてもの救いでした。。

私も運転しますが、たまにヒヤ~っとさせられることがあります。
猫たちに「車にはくれぐれも注意しなさい!!」と言っても分かってはくれませんし。。
できれば、もうこんな場面に出くわしたくはないです。
2010/02/27 17:25 | | edit posted by woobee
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。