Dog&Catsに囲まれた賑やかな日々のお話です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by woobee
 
[スポンサー広告
”ふぅちゃん”の一周忌
今日、7月3日は我が家の猫長”ふぅちゃん”が虹の橋へと旅立った日です。

あれからもう一年・・・
未だについ”ふぅちゃ~ん”と呼んでしまいます。
晩年はストーカーのごとく、どこへ行くにもトコトコとおぼつかない足取りで私についてきた”ふぅちゃん”
最後まで猫長らしく、やんちゃくれ軍団をまとめてくれてました。

resize0093.jpg
昨年の冬・・日向ぼっこするその姿が小さく見えました・・


resize0094.jpg
3年前に旅立った我が家のわがまま姫”ウービー”と一緒にみんなを監視中!




老いてもなおその凛々しい顔が目に焼きついています。



沈黙の睨みにパンチがあって、でもとっても優しくて、そしてすごく可愛くて・・

”ふぅちゃん”・・・そんな猫長のあなたをみんな大好きでした!

もう一度、逢いたいなぁ。。。
Posted by woobee
comment:5  
[★猫長 ふぅチャン
comment
猫を多く飼ってれば喜びは多いけど、悲しみも多いんでしょうね・・・
病気、そして迎える死。
必然的なこととはいえ、受け入れるには相当な覚悟が必要かと・・・
猫を飼ってない私でさえ行くさきざきで見る猫達に親しみを持つし、それが元気ないと気になります。
今、由乃ちゃんが食欲不振に陥ってるし、気が気でありません。
猫語を話せたらと、真に願うものです。
ふうちゃんのご冥福をお祈りします。
2010/07/03 14:43 | | edit posted by dejavuewords
こんばんは
ふぅちゃん、今はどうしてるかな?
確かに素晴らしい目力だね。
僕とチョミさんはね、プリンに会いたい会いたいって強く思ったから
その思いが強くて、プリンは早くこちらに戻って来たんだ。
みんながみんな、こちらに戻って来るってことは無いけど、今は何処に
いても楽しく過ごしてるよね。
それとも、そろそろ準備してる?
2010/07/03 23:58 | | edit posted by クリちゃんです
ふぅちゃんの目ちからは、凄い!スゴクて深い!
この目の前じゃ、ウソはつけないし、誤魔化せない・・と思わせますね。
今頃、「シカッカリやってるか?!」って、厳しく優しく、見守ってくれてるんでしょうね!

↓素敵なバック!そりゃ、お客様、こんな可愛いバックが包装紙代わりなら大喜びですよ~♪

そちらは、大雨、大丈夫ですか???
2010/07/04 01:34 | | edit posted by ほんなあほな
セピア色の回顧録
時が経つのは本当に早いですね。
魂が肉体から離脱しても、
こうして思い出として語り、思い出してくれる人が
いる以上、まだふ~ちゃんと、ウーピーちゃんは
”屋根裏のつぶやき”の中で
生き続けているのですね。セピア色の回顧録と供に••
おふたりさん?素敵ですよ。:)
2010/07/04 06:14 | | edit posted by 太っちょの母
dejavuewordsさんへ

なんど経験しても別れは慣れることはありませんが、
この”ふぅちゃん”の場合は猫では初めて経験する老衰でした。。
亡くなる一年前くらいから、じわじわと老いが忍び寄ってきたのを感じました。
でも覚悟はできていたものの、やっぱり最期は
「もうちょっと生きようよ・・」と呟いていましたっけ・・
”ふぅちゃん”がいなくなってみるとその存在の大きさがわかります。

由乃ちゃんのこと、心配ですね。。
早くも夏バテなんでしょうか?
野良たちにとってこれからの暑さは体力を消耗します。
だから、いっぱいご飯食べて乗り切ってほしいですね!


クリちゃんへ

ぷりんちゃんには・・そんなことがあったんだね・・
ぷりんちゃん、う~んと長生きするんだよ~!

それにしてもチョミさんちはこのところ賑やかだね~(=^_^;=) 
でもおいでちゃんも幸せになったし、白美ちゃんも七夕の日に幸せのお家へ・・
ヨカッタ、ヨカッタ!! (*^^)v


ほんなさんへ

今思えば、ふぅちゃんってほんとにすごい猫でした。
体も大きかったけど、心も大きくて・・
ほんとうに存在感のある猫でした。
今頃は向こうに渡った仲間たちをあの目ぢからでまとめてることでしょう。
ちなみに猫長のふぅちゃんがいなくなった我が家は無法地帯になってますが・・^^;

お手製の手提げはみなさんから喜ばれるので時間があるときに作っていますが、
裁断あり、アイロンあり、紐つけ&タグつけと思ったより時間を要します。
だもんで・・気分が乗ったときに・・なんですよ^_^;


太っちょ母さんへ

>セピア色の回顧録・・・

ステキな言葉ですね。。。
なんだかこの言葉でもっとすてきな思い出に変わるような気がしてきました。
私が生きてる限りはみんな私の心のなかで生きています。
ちょっとしたときにでもあのとき、誰それがどうだったこうだった・・と
悲しみの数も多かったけど、それ以上に思い出もたくさんあります。
猫たちから貰った沢山の思い出をこれからもときどき聞いてくださいね~!

2010/07/05 16:22 | | edit posted by woobee
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。