Dog&Catsに囲まれた賑やかな日々のお話です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by woobee
 
[スポンサー広告
もう少し ガンバロウ
< 追加文 >
============================================================

先ほど(今日の夕方6時過ぎ)先生より電話がありました。

今日、様子を見るために尿道に入れてた管をはずしたそうです。
でもよく聞いてみると、オチンチンの周りにも散らばっていた腫瘍を切除したので、
今はそのオチンチンが外にむき出しになっている状態なんだとか。
それでその先端を切除して要するに女の子のそれのようにする手術をやろうかどうか迷ってるとのこと。、
また麻酔もかけなければならないし、先生もイチかバチかの賭けになるだろうから迷ってると。。

でもその手術をしなければ、むき出しのままでは感染症を引き起こすし、
オシッコがうまく出るようにならないと生きてはいられない。
オシッコが出ないと1~2日で命を落とすそうです。

明日の朝いちばんで先生と話をするようになりましたが、
もう先生に任せるしかありません。

============================================================
<ここからはお昼すぎに書いたものです>

昨夕、チビの面会に行ってきました。

酸素室で横たわるチビ・・

チビ 6月22日夕方
これがあの元気だったチビ?と思うほどの痛ましい姿に。。


チビ 6月22日夕方
「チビ、痛かったね・・よくガンバッたね・・偉かったね・・」
それだけ言うのが精一杯でした。

でも私の声が分かったらしく虚ろながらも目を開け、か細い声で「にゃっ。。」

先生は「術後、麻酔から覚めるかどうかがまずの問題でした。
    でも夕方、なんとか覚めてくれて一安心しましたが、いくつもの難題が残っています」

先生にさらに詳しく話を聞きました。

睾丸は大きな腫瘍となっていてそれが破れたようです。
そしてその傷口に大量の蛆がわいてて看護婦さんがそれを一匹ずつ取り出してくれたそうです。
(ほんとにありがとうございました)

猫は元来、とてもきれい好きなので異物が体に存在していたら
自分でそれを退治する本能があるそうですが、
自分の体にうごめいてる蛆を払いのける力もないほどに弱り切っていたということです。
そしてお腹の中に取り残されていた片方の睾丸も腫瘍化していて
その周りにもいくつもの腫瘍が散在してたそうです。
尿道が傷ついていたのでオシッコも辛かっただろうと。。

縫合した個所を見せてもらいましたが、「。。。。。」
お腹の右側部分、睾丸の周りと縫合した跡が何か所も。

今は尿道に管を入れています。
オシッコが出るのがまず第一歩だそうですが、そのオシッコも少しながらも出たらしく
先生もちょっとホッとした様子でしたが、まだまだ険しい状況のようです。

あとはチビの生命力を信じるだけ!

自力でオシッコができて、次はご飯を食べれるようになるのが第二段階。

切除した部分は今日、病理検査に出すそうです(結果は一週間くらいかかるとのこと)

ただ、猫の精巣(睾丸)腫瘍をいうのは本当に稀だそうで
獣医師の間でも報告がほとんどないそうです。
先生も初めての経験だと言ってました。
そして猫の場合、見つかった腫瘍はほとんどが悪性のものだと・・も。

正直なところ、私も100%悪性だと思っています。
でもチビは手術に耐えてくれました。
悪性だろうがなんだろうが、とにかく生還してくれました。
これからのことは先生とも相談しながら、
チビが少しでも快適な日常を過ごせるように手助けできたら・・

だから・・だから、もう少し頑張って一緒にお家に帰ろう~!!

もっと早くにチビの異常に気がついていれば・・と悔やまれます。。    
Posted by woobee
comment:5  
[のらニャン
comment
こんにちは
チビちゃん、やっと保護できたと思ったのに…
最初の先生が匙をなげるほど、
大変な状態だったんですね。

せっかく保護できて、手術にも耐えたんだから、
どうか治って欲しいです。
woobeeさんのお家の子になって、幸せをつかんでほしい…
回復することを祈っています。
2011/06/24 16:44 | | edit posted by ちゃびmama
こんにちは
チビ、頑張ったね。
麻酔から覚めて、チッコも少しだけど出たんだね。
一つずつクリアして行こうね。
そしてwoobeeさん家に行って、家猫での生活を堪能してね。
2011/06/24 18:23 | | edit posted by クリちゃんです
もう、後は、チビさん自身の生命力と、
先生の判断にお任せするしか無いと。
woobeeさんが、今回、捕獲できなければ・・・いえ、
Woobeeさんが気が付いてあげなければ、もうとうにチビさんは、虹の橋を渡っていたと。
だから、早い遅いは責めないでください・・・と思います。
後は、ちゃんと自力でご飯が食べれ、自分で、ちゃんと排尿が出来、
先生が退院しても・・と判断されてからだと。
悪性でも、まだまだ、道はある。そう信じています。
取り合えずは、今。この状況を脱せれますように。
ダイジョウブッ祈ってる!
2011/06/24 19:53 | | edit posted by ほんなあほな
一日3回ぐらいクリックしています。
ただただ、チビの生命力には本当に脱帽です。
お外猫はどんな状況下にあろうとも
自分の治癒力で最後まで生きようと努力をしている。
悪性の腫瘍には勝てなくとも、此処までの状況下で生き抜いて手術に耐えたチビ。どんな事をしても
woobeeさんのお家に帰らなきゃ。絶対に帰らなきゃ。
大丈夫、必ず帰れる。
チビもwoobeeさんも凄いですが、この先生も素晴らしいですね。こんな先生にも支えられているのでwoobeeさんもまた頑張れるのですね。
2011/06/25 06:58 | | edit posted by 太っちょの母
Re: コメントをくださった皆さんへ

<ちゃびmamaさん><クリちゃん><ほんなさん><太っちょ母さん>



チビへのたくさんのエール、ほんとうにありがとうございます。
お店をちょっと抜け出してこれから先生に会いに行ってきます。
そして、みんなのエールをチビに届けてきます!

帰ってきたらまた報告させていただきますね。
2011/06/25 12:13 | | edit posted by woobee
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。