Dog&Catsに囲まれた賑やかな日々のお話です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by woobee
 
[スポンサー広告
病理検査の結果
今朝もチビの面会へ。

病理検査に出していた結果がでました。
想像していた通り『悪性リンパ種』・・すなわち癌でした。
でもそれを聞いても不思議と落ち込まなかったな。。

保護する前の目を覆いたくなるような状態から脱出できたことは確かだし、
確かに悪性リンパ腫は転移の可能性がすごく高いそうですが、
とりあえずはすべて切除できたし、これからのことを今からくよくよ考えても仕方ない。。
再発のことも含めて、これから大きなリスクを抱えていくわけだけど
チビと一緒に歩いていくことはもう決めたこと!

この先は出たとこ勝負だ~!! それはそれでそのときに考える!!ことにしよう。


7-1 チビ
今頃、エリザベスカラー?・・になりました。


その理由は・・・
先生に何故、術後からカラーを装着しなかったのかと尋ねたら、
「それはボクのいつもの課題そして反省点でもあります。
 過去に同じように野良ネコで術後にカラーをしたら、それによるすごいストレスで
 ひどいパニック状態になり、手がつけられなくなり様態が悪化した子を何匹も見てきたので・・」

チビも最初は威嚇が激しくて抗生剤の注射もままならず、
ましてや傷口の様子を見たくても手が出せなかったそうです。
強制的に抑えつけての治療は簡単だけど、もうそこには信頼関係が成立せず。

だから先生はこれまでの経験から、まずはお互いの信頼関係を築くために
嫌なことは極力せず、毎日気長に語りかけてチビの警戒心を解すようにしたそうです。

その結果・・・
チビは徐々に先生や看護婦さんに対して威嚇しなくなり、なんと心を開いてくれたそうです!
昨日あたりから先生が触ってもなんとも言わず、注射したり軟膏塗ったりの治療ができるようになったとのこと。

ただし・・治療がなかなか容易ではなかったこと・・
カラーをつけていなかったのでチビが傷口を舐めてしまって糸を外してしまったこと・・

チビの傷口は見事に開いていました!(-_-;)

パニックになってもカラーを装着すべきだったのか、
傷口がこんなになっても心を開いてくれたことのほうがおおきな収穫だったのか・・?

だから先生は「ボクの課題でもあり、反省点でもあります」と言ったんだと思います。
私が最初に元気になったら家猫として迎えます!と言ったので、
人間に慣れるほうの手段を選択したのではないかと今、思います。
私は先生の治療方法に何も言うつもりはありません。

先生がチビの開いた傷口を見せてくれましたが、
あまりの衝撃で写真を撮るのは控えました。
肛門付近とその上のほうの2か所に大きな穴が開いていて体の中身が見えました・・(・・;)

縫い直さなくていいのかと尋ねると、抗生剤と軟膏とであとは自然治癒力に任せてということでした。
穴の開いた傷口から悪い粘液?が流れ出ているので逆にそれを出し切ったほうがよいということも。
とにかく先生に任せるしかありません。

自宅で毎日、小まめに軟膏塗って傷口付近を拭いてやって・・が確実にできるならば、
退院も可能ですよ!と言われましたが、とんでもないことであります!!
自信アリマセン。。。

ということでもう一週間ほどお願いすることにしました。


7-1 チビ
もう少しの辛抱だよ!

でもこんなに早く人間慣れするとは・・ね!
Posted by woobee
comment:7  
[のらニャン
comment
こんにちは
先生はチビの気持ちを先ず考えてくれたんだね。
傷口はまた時間がたてば治るから。
チビみたいなタイプって最初に嫌なことされると
きっと後々まで問題が出たかもしれないよ。
ストレスが一番身体に悪いからね。

検査の結果がどうであれ、前を向いて行こうね。
最後まで楽しく幸せに暮らそうね、チビ。
2011/07/01 17:38 | | edit posted by クリちゃんです
チビちゃんにとってはいい先生に巡り合えたようですね・・・
と、少なくともぼくはそう思います。
経験が豊富そうだし、それが明確に治療方針として活かされている印象です。
えらそうな言い方になっちゃいますが、
治療ということは物理的に悪いところを治すだけでは上手くいかない、ましてや相手が生き物であることを理解してくれているのが頼もしいです。
「癌」であるなら、なおさらストレスとの因果関係は無視できないでしょうからね。
チビちゃんは近い将来に向けて着々と歩みを進めている印象ですね。
お医者さんへの「慣れ」具合からも家猫として慣れるのもおそらく、大きな壁ではない気もします。
野良猫として健康に生きていても交通事故等で長生きできない猫は少なくありません。
癌や猫エイズ、あるいは猫白血病にかかっていても発病さえしなければ長生きできる猫もまた少なくありません。
覚悟を決めて密度の高い時間を過ごすこと・・・大事なことはたぶんそういうことじゃないかとぼくは思います。
2011/07/01 19:49 | | edit posted by ドン
追記を読んで。。
素晴らしい先生ですねぇ~
常に患者とその家族の事も考えつつ試行錯誤されて・・・
時間をかけてでも、まず信頼関係を・・・と思ったところが、
患者個人をちゃんと見てくれていると思います。
すぐ、数値、データーだけを見て、患者をみてない、みえてない医者が多いから、
余計に素晴らしい先生に巡りあわれたな~って^^
この先生の治療方針なら、もう全てお任せします!って私も思うでしょうね。

あとは、傷口がしっかりして、体力がついたら、転移とかは、また考えればいいよね^^
2011/07/02 07:16 | | edit posted by ほんなあほな
ど~も!
私も本当に素晴らしい先生だと思います。
チビ自身、内蔵が飛び出て、内蔵に蛆までも湧いていた状態。それから比べたら術後の傷が開いている事くらいそんなに問題ではないと思います。
本当にこんな先生に出会えて、woobeeさんもチビも
幸せです。近くにいたら私も会いに行きたいです。
”そうだ!京都に行こう!”こんな感覚で••
1時間半で行けました。:)
それから考えると
woobeeさんちは遠すぎです!!(笑)
2011/07/02 08:43 | | edit posted by 太っちょの母
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/02 11:39 | | edit posted by
Re: クリちゃんへ

チビがここまで心を開いてくれたことにもうビックリ!(@_@;)
あれだけ先生や看護婦さんにシャーシャー言ってたのがウソみたい。。
先生は心の治療までしてくれたよ。
そして看護婦さんのほんとによく面倒みてくれた。感謝、感謝!!
傷口が早く塞がって退院できるのが待ち遠しいな。
チビがどんな家猫になってくれるか楽しみ♪だよ~!
これからも仲良くしてやってね~!!


Re:ドンさんへ

この先生にお願いしてよかったと思います。
先生は70歳近い方ですが、福岡獣医師会の副理事でした。
(私も最近、検索していて知りました・・^^; )
今は野生動物の保護にも携わっていてツシマヤマネコの保護に力を注いでるようです。
少々、口は荒いですが^^; 腕は確かです!
確か書籍も出版されてたような・・?
こうやって心の治療を優先させる治療法って私にとっても初めての経験でした。
確かに傷口の回復はうんと遅れたけど、
心が穏やかになるっていうことのほうが先決なのかも・・と思いました。
ほんとに信頼できる先生と出会えてよかったデス。
この分だと家猫修行もそう時間がかからないように思います。
これからのことはその時に考えるとして、今はチビが穏やかに過ごせる環境を
整えてやるのが私の役目だと思ってます。


Re: ほんなさんへ

ほんとに素晴らしい先生に巡り合うことができました!
度々、チビの面会に行くたびに先生といろいろと話をしていくうちに
この先生でヨカッタ・・と思うように。
何よりもチビが先生や看護婦さんにあんなに心を開くなんて想像もしてませんでしたよ。
病気のケアより心のケアを優先する治療法にお目にかかったのは私も初めて!
これも先生の長年の経験からくるものだったんでしょう。
傷口の治りは日にちが薬!
もう軟膏塗りもOKだし、注射もOK!
とにかく、チビにはもう少し辛抱してもらって元気な姿で一緒に帰りたいです♪


Re: 太っちょ母さんへ

お帰りなさ~い!
久しぶりの旅行は楽しかったんでしょうね~!

そうそう、もっと近かったら
「今からお土産取りに行くよぉー」(笑)な~んて会話してるかも^^;
私のほうも「チビがやっと退院できたから会いにきてよぉー」
とかなんとか・・電話してるね、きっと(^^ゞ

チビの検査結果は×だったけど、でも今、たしかにチビは生きてます。
それだけでじゅうぶん!!
生きてるっていいな・・ってチビが思ってくれるような快適な家猫暮らしができるよう
世話人、これかもガンバリまっす(*^^)v


Re: 鍵コメさんへ

いつも心優しいコメントをありがとうございます。
チビはいい先生と巡り合えたおかげで心のケアまでしていただきました。
ほんとうに先生と看護婦さんには感謝です!
お家に帰れるのもそう遠くはないと思います。
実家ではチビを迎え入れる準備もすでに済んでますし、
あとはチビが帰ってくるだけです。
チビもほんとによく頑張ってくれました。
蘇った命・・これからも大切に守っていくつもりです。
これからも一緒に見守ってくださいね~ (=^ェ^=)
2011/07/02 16:23 | | edit posted by woobee
表情が変わりました。
チビ君の表情、変わりましたね!
とっても落ち着いてます。
大手術をしたようには全然見えません。

チビ君の事をこんなに考えてくれる先生と、
一緒に歩んでいくと決めてくれたwoobeeさん、
最強タッグに囲まれて、チビ君はラッキーニャンコさんです。

がんばって長生きしてほしいです!
2011/07/02 18:20 | | edit posted by チャチャ丸
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。