Dog&Catsに囲まれた賑やかな日々のお話です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by woobee
 
[スポンサー広告
家猫『チビ』・・  またね!
チビにたくさんのお別れの言葉をありがとうございました。

「一緒に家に帰ろうね」という約束は
こんな形でしか果たせなかったけど、チビは家猫になりました。

5-19 053
チビが家のなかの猫たちとコンタクトをとるために
舐めた窓ガラスの汚れは当分、そのままにしておきます。


+++++ ここからはチビが息を引き取った後の写真がありますので、苦手な方はスルーしてください。
27日の早朝、息を引き取った直後は最期の苦しさからか、
目は見開いたままでほんとうに険しい表情でした。
その目を何度も何度も瞑らせてあげようと試みたものの、
チビの目はどうしても閉じることができませんでした。


チビ 7月26日 永眠 夜になってふと気がつくと、ずいぶんと穏やかな顔つきに。

チビ 7月26日 永眠 開いたままが不憫で仕方なかったその目も時を同じくして閉じることができ、

ほんとうに穏やかな表情になりました。



resize1153.jpg
チビを苦しめた腫瘍は次々と容赦なく現れました。
肛門周辺、お腹の中、そして肩の付け根にも・・
短期間でそれは凄まじいほどの勢いで。
 
※ ここには写っていませんが、反対側は大きな穴が二つ開いています。
  もしものとき、みなさんのニャンズたちが手遅れにならないよう
  早期発見のお役にたてば・・の願いから
  亡くなったチビにも断ってあえて掲載させていただきました。


チビはやっと楽になることができました。
ほんとうに最期までよく頑張ったと思います。
今頃は痛みや苦しみから解放されて空で駆け回ってることでしょう。

チビ! 
今度は最初っから『お家猫』として出会おうね!
この場で契約書にサインお願します。



★チビは翌日、生まれ育った実家の庭で永遠の眠りにつきました。
 私の部屋からよく見えるところです。


でもすごく不思議なことがひとつ。。。
これまでの経験だと死後硬直はあっという間なのに
チビの体は一日経って埋葬するときも冷たいけど柔らかくて自然な形で抱っこができました。
お薬のせいだったのでしょうか?

それとも最期に家猫として抱いてもらいたかったから・・??



みなさんへ

チビのこと最後まで温かく見守っていただき、ほんとうにありがとうございました。
個別のお返事書けずにゴメンナサイ m(__)m
歳をとると益々涙もろくなっていけねぇや・・(=^_^;=)
残念な結果になりましたが、でも最後に家猫として送り出してやれて安心しました。

○○さん、チビのためにわざわざ猫神社まで出向いてくださりほんとうにありがとうございました。
病院にいるチビの傍でずっと見守ってくれたお守りは今もチビと一緒です。
絵馬はチビの唯一の形見として残しておこうと思います。



次回からはまた、陽気でちょっと脳天気な猫たちの日常を綴っていこうと思います。
これからもよろしくお付き合いくださいね~!
Posted by woobee
comment:12  
[実家ねこ
comment
こんにちは
woobeeさん、沢山泣いた?
沢山泣いた方がいいんだよ。
その方が心にも身体にも良いんだよ。

チビはもう本当に自由にお庭や家の中を散歩してるよ。
そしてね、「ちょっと大変だったけど頑張ったよ」ってwoobeeさんに
言ってるから、「頑張ったね、偉かったね」って褒めて上げてね。
そうするとチビが喜ぶから。

薬のせいであっても柔らかくてちゃんと抱っこしてあげれたんだ。
それは一番チビが望んでた事だからね。


本当穏やかな顔のチビだったね。
じゃあねチビ、またね。
少しの間、さようなら。
2011/07/29 19:06 | | edit posted by クリちゃんです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/29 19:55 | | edit posted by
たぶん・・・チビちゃんはwoobeeさんの顔をしっかり見てから天国へ旅立ちたかったんだと思います。
だからwoobeeさんが来て瞼を閉じることが出来たんです。
生物学的な「死」と、肉体から「魂」が離れることとはきっと必ずしも一致しないこともあるのでしょう。
だからチビちゃんはwoobeeさんが迎えに来てくれるのを待っていたんだと思います。

猫神様もチビちゃんを救うことはできなかったけど、
いっしょにしてあげればチビちゃんが天国で迷子にならないよう、
きっと道案内してくれるはずですよ。

「輪廻」という考え方をすれば「死」は終わりではなく
始まりです。
契約書など交わさなくともチビちゃんは姿を変えて、
また必ずwoobeeさんの近くに現れますよ!!

チビちゃんのことありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。
でも、自ら望まない限りは猫との関わりに終わりはありませんよ!!
2011/07/29 20:58 | | edit posted by ドン
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/29 21:11 | | edit posted by
チビさん、お帰りなさい^^
随分頑張ったから、
ゆっくり休んで、また会おうね!

woobeeさんに抱かれて、チビさん、安心したでしょうね^^
お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!
2011/07/30 03:15 | | edit posted by ほんなあほな
チビちゃん穏やかなお顔ですね。
病院にいた時とは随分違います。
お家に帰って来たから、安心したんですね。
抱っこもされて、チビちゃん良かったね。
いい思い出ができましたね。
家族のぬくもりは絶対に忘れません。
いい旅立ちになってよかったです。
woobeeさん、本当にお疲れさまでした。
2011/07/30 04:29 | | edit posted by するる
チビ君、安らかに
大好きなお庭で、どうぞ安らかに眠ってください。
チビ君のご冥福をお祈りします。
2011/07/30 07:59 | | edit posted by ブチの友人
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/30 14:20 | | edit posted by
お疲れさまでした。:)
woobeeさん?
チビはお目目こそ開いていますが、
良いお顔しています。瞳も綺麗です。
そろそろ皆の元に旅立つ時が来ましたね。
笑顔で送ってあげましょう。
何時ものwoobeeさんに戻って。:)
2011/07/31 08:35 | | edit posted by 太っちょの母
Re: コメントをくださった皆さんへ

クリちゃん、鍵コメ①さん、ドンさん、鍵コメ②さん、
ほんなさん、するるさん、ブチ友さん、鍵コメ③さん、太っちょかあさん・・へ


チビのことではほんとうに皆さんにいろいろと応援していただき心から感謝しています。
実家の庭で自由を謳歌していたチビですが、
いつも家の中が気になって気になって・・でした。
昨年の秋くらいだったか・・私が部屋中の空気を入れ替えようと
いくつもの窓を全開にしたことがありました。
そのときにいつの間にかチビが部屋に入り込んでしまって
私が気がついたときはチビも大パニック!
そのとき、「あぁ、この子は時間をかければいつか家猫に迎え入れられる」そう思いました。
家猫になりたいけど、怖くてそれがなかなかできなかった猫。。
そんなチビだけど、最後に家猫として迎え入れられて抱っこもできて・・
お互いに温かい思い出となりました。

猫たちに関わっていると悲しみもたくさん・・
でもその倍くらいの楽しい時間も分けてもらってます。
そろそろいつもの「猫オバサン」に戻って
また猫たちとの賑やかな時間を過ごしていこうと思っています。
っていうか、悲しみに浸っている時間もないんです(^^ゞ

ということで、これからもよろしくお付き合いくださいね!
こうやって、たくさんの猫友に巡り合えたことが私の何よりの財産です。
ほんとうに最期まで支えていただきありがとうございました。

                  woobeeより
2011/08/02 10:45 | | edit posted by woobee
私もどうも涙もろくって…
チビちゃんお最後のお顔をなかなか見る勇気がでなくて…
やっと今拝見しました。
穏やかなお顔になって…よかったです。

チビちゃんが死後硬直しなくてというお話を聞いて
実は5月に亡くなったロックちゃんも、全然死後硬直しなくて…
姉が「心臓は止まったけれども、ロックちゃんの気持ちはまだ生きているんだよ、この家からまだ去りたくないんだね」と言っていました。
きっとチビちゃんもそうだったんだと思います。
本当に大変な病気になってしまったチビちゃん…
こわがりやさんだったけど、きっとwoobeeさんのお家の子になる日を楽しみにしていたんでしょうね。
お家に戻るまで、チビちゃんの心はまだ生きていたんだと思います。
最後にwoobeeさんのお家の子になってよかったです。
この次に生まれて来る時は、woobeeさんの元へ…
チビちゃんは必ずやってくると思います。
今は一時のお別れの時ですね…
2011/08/03 15:40 | | edit posted by ちゃびmama
Re: ちゃびmamaさんへ

今でも死後硬直がなかったことが不思議でなりません。
チビもきっとロックちゃんと同じように
家に戻るまでは生きていたかったんでしょうね。。
それにしても私も初めての経験でした。

今朝、先生のところへお礼に伺ってきました。
先生は「ボクの力が及ばなくてスミマセン。。」と仰ってましたが、
ほんとうに最期までできる限りの手を尽くしてもらって感謝しています。
チビもきっと先生に感謝してると思います。

チビの姿はもう見えなくなりましたが、今は自由に空で飛び跳ねてることでしょう。
いろいろとありがとうございました。
2011/08/03 17:38 | | edit posted by woobee
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。