Dog&Catsに囲まれた賑やかな日々のお話です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by woobee
 
[スポンサー広告
待てなかった・・でも待っていてくれた
ユズ、今夜7時20分、旅立ちました。

気になって気になって、仕事もそこそこに切り上げて
帰り着いたのが7時過ぎ。

板張りに横たわった虫の息のユズ。

ずっとずっと、見守って・・

明日まで「待って」の願いは届かなかったけど、
それでもユズはちゃんと待っていてくれました、私の帰りを。。

何の前兆もなく、いきなりの「さ・よ・な・ら」になったけど、
最期の挨拶ができてヨカッタ。

穏やかな最期でした。。
Posted by woobee
comment:4  
[ユズばぁやん
comment
ユズばあちゃんのご冥福を心よりお祈り申しあげます。
ぼくはばあちゃん猫が何故か大好きでユズばあちゃんのことも気になる
存在としてブログを拝見させていただいていました。

ぼくにとっても今年は何故かわからないけどとっても辛い年でした。
いつになく多くの猫を見送りました。
woobeeさんに気にかけてもらっていたクロベエもそのひとりです。
つい先日も長いこと付き合ってきたちーくんとお別れしたばかりです。

猫というのは時に家族や友人以上に自分にとって大きな存在になって
いたりして、それだけに別れは辛く悲しいものですね。
大の男が泣くくらいですから・・・(ぼくのことですけど)

普通に考えれば人と猫とは寿命が違うので人が猫を見送るのはある意味、
当たり前なんですけどね。
頭ではわかってはいても永遠に付き合えるんじゃないかといつも錯覚して
しまいます。

最近、思うんですけど猫の死は「乗り越える」ものじゃないような気が
するんです。
自分のなかに蓄積していくもののような気がします。
それが何を意味するのかはいまはまだわかりませんけどね。
なんでかな?乗り越えようとしちゃいけない気がするんです。
いつまでも死んでしまった猫のことを引きずっているのも違うんでしょうけど、ひとりの猫と出会うというのはたぶん、偶然じゃなくて必然な気がしています。

woobeeさんもいまはお辛いでしょうが、ユズばあちゃんはこれからはいつまでもずっと心のなかに居られますよ。
2013/12/13 21:55 | | edit posted by ドン
こんにちは。
woobeeさん。
ユズは静かに本当に静かにこの世とお別れしたね。
本当に最後まで幸せな人生だったよね。
じゅんちゃんもそうだったけど、大往生だったよね。

年を取って食べなくなって、眠ってる時間がどんどん増えて。
これが一番自然な逝き方だよね。

お別れは辛いけど、最後の最後までユズらしく逝ったね。

病気や事故や怪我やで突然さよならすることも沢山あるけど
こうやって最後まで楽しく穏やかに生きるって理想だと思うんだ。

ユズ、沢山の癒しをありがとう。
また逢おうね。
じゃあね。
2013/12/14 00:47 | | edit posted by クリちゃんです
旅立ちの時を、ちゃんとお見送りできたんですね
さすがっ!、ユズばぁ!!
きちんと願いどおり、待っていてくれたんですね。。。。

ユズばぁ、ちゃんと自分で旅立ちを自覚して、準備して。
不慮の事故や病気で逝く子は、何の準備も出来ず、唐突にその時を迎えるけど、
ユズばぁらしい、さすがの旅立ちだと思います。
ふふ、下手な事書いたら、「このひよっこが!」とかって、お説教されそうだわ^^;
ユズばぁ、いっぱいありがとうね!んじゃ、また。
2013/12/14 03:28 | | edit posted by ほんなあほな
ユズちゃん、woobeeさんを
待っていてくれて、ありがとう。

ユズちゃん最期までがんばりましたよね。
woobeeさんのお家の子ですからね。
どんな時もユズちゃんのお顔を見ると
疲れなんて飛んでしまいましたよね。

長生きしてもやっぱり寂しいですよね。
みんなwoobeeさんのそばに
いてあげてね。

ユズちゃんのご冥福を心からお祈り致します。
2013/12/14 20:56 | | edit posted by するる
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。